闇金業ヒューマンとは、世の中(財務局)や都道府県に貸金業としての入力を行っていない貸金業ヒューマン、または、その業務を指します。二度と、正規に貸金業の入力をしていながら違法な高金利を取る業ヒューマン、または、その業務も広義の闇金融に含めます。簡単に言うと、法的外の金融取引をする粗悪業ヒューマンです。サラ金や、銀行などから借金の出来ない人から、当日貸付可や、悪徳で借り入れ出来ないクライアントでも可などのセリフで、即刻借り入れしたいと願う敗者から、骨の髄まで利益をむしり取ります。大手企業のロゴや認識カラーを無断で使用し、あたかも子会社であるように詐称した品物もあります。また、今日見かけるケースでは、どうも、大手サラ金と余程おんなじ呼称の強調DMに見える荷物(レターで印刷されることが多い)を使い、書かれているフリーダイヤルに電話をかけるとじつは闇金融で違法な取立てに苦しんでいるという案件も多発しています。また近年では、グレー地区利息の撤回により、サラ金の審査が厳しくなり、サラ金で貸付を断られたヒューマンが闇金融に手を出すことが動揺されています。ただ、これまで多重債務ヒューマンがサラ金への利払いのために闇金融に手を出したり、サラ金を利用できない破綻ヒューマンが闇金融に手を出すというケースがほとんどだったので、決められた利息引下げにより一時的には闇金融が増えても、中長期的には多重債務ヒューマンや破綻ヒューマンの減少により、闇金融は減少するという見方もあり、闇金業ヒューマンによる無理な集金が出来ないようになっています。闇金だと思ったら、絶対に借りてはいけません。